h16.7.17 花の都公園、滝沢林道、猪之頭林道
h16.7.18 長者ヶ岳
前回の富士山は5.22 サムネイルをクリックすると大きくなります    この山にその後登ったのは→登山記録

早朝、自宅発。まだ観光客の少ない早朝に花の都をチェックしておこう。カメラマンにとって余計なモノ(特に人)は画面に入れたくない。丁度鮮やかな百日草が満開だ。

その後富士と重なる花を求め、内野へ移動。ポイントを探し車を流していると人だかりを発見。カメラマンの先客に尋ねると、タバコの花、しかも今年限りで止めてしまうとのこと。これはラッキーな場面に出会えた。

忍野での撮影後、大渋滞の中139号を北上し、農道公園へ。「富士を見る」の銅像に会いに行く。

こいつは私の分身だ!

フランスパン型の雲が2つ

雲とにらめっこ?

この日はとにかく雲の動きが凄い、富士山上空の雲が目まぐるしく形を変えている。これは高いところからの撮影だ!久々に滝沢林道へ車を走らす。
11時頃にポイントへ到着。麓の山はご覧の通りキレイ(左)
富士の裾野を巨大な雲が駆け上がる(中)、次々と雲が踊っているようだった。

その後、田貫湖へ寄ってから、16時半頃猪之頭林道へ
有名な湯の奥トンネル手前のポイントには既に先客が数人いる。お泊まりの方もいるようだ。私はこの日もふもとの家YHに宿泊。

翌18日、暗い内に同じポイントへ到着。日の出の時間には厚い雲があったが、少しずつ富士が見えてきた。

7:30 田貫湖の駐車場を出発、東海自然歩道の案内標識が立つ。案内図も丁寧だ。

7:55 最初のベンチ(左)。水筒の冷たいお茶でブレイク。 8:06 休暇村からの道と合流する地点で。田貫湖を見下ろす。

9:10 頂上着・富士山頂にかかる雲は昨日からずっと取れないなー

百名山の標柱と。汗をたっぷりかいたが、満足である。

次の富士は8.10 田貫湖  HOMEへ

inserted by FC2 system